産み分けの種類について - 産み分け方法比較サイト

産み分けの種類について

男女を産み分けるための方法として、7種類の方法があります。

成功率の高い産み分け方法として、多くの夫婦の間で試されているものに潤滑ゼリーを使用する方法があります。
女の子を希望する場合はピンクゼリーかハローベビーガール、男の子を希望する場合はグリーンゼリーかハローベビーボーイのゼリーを使用します。
どちらも女性の膣内に注入してから性交を行うことで、精子の特徴を生かした産み分けをすることができると言われています。
排卵日を上手く狙うことができた場合の成功率は80%以上です。

病院などで行うパーコール法は、古くから日本で行われている方法で、父親の精子を特殊なパーコールという液体に入れて二種類に分類し、女の子を望む場合はX精子、男の子を望む場合はY精子を人工受精します。
100%の産み分け方法ではありませんが、実施している病院や費用もかかるので事前に調べておく必要があります。

成功率はあまり高くありませんが手軽に試してみたいのであれば、性交の方法を少し変えてみる産み分けの方法があります。
女の子を希望する場合は、浅く挿入し酸性に強く長距離スイマーのX精子に期待します。
男の子を希望する場合は、女性がオーガニズムを感じるように深い挿入を心がけます。
オーガニズムを感じることで膣内がアルカリ性に傾きY精子が生きやすい環境になります。

手軽に取り入れやすいのが、食事による産み分けの方法です。
女の子を希望する場合は、男性はY精子の働きを抑えるためにカフェインが含まれる飲み物を控える必要があります。
そして、女性は酸性の食品を多く摂取するように心がけます。
男の子を希望する場合は、男性に制限はなく女性のみアルカリ性の食品を多く摂取するように心がけます。
しかし、気にしすぎることで食生活が偏ってしまわないように注意する必要があります。

着床診断による100%の産み分けの方法として人工授精もありますが、国内で行うことは今のところ不可能で、渡航しなければならず費用も高額となります。

病院に通院しながら排卵日を特定するというタイミング法というのもあります。
排卵日当日に性交をすると24時間の寿命と言われるY精子が活発に動き、男の子につながる可能性があります。
女の子を希望する場合は、排卵日の2、3日前の性交が理想と言われています。

風水を活用して産み分けに期待する方法では、東を頭にして寝ると男の子の運気がアップし、南を頭にして寝ると女の子の運気がアップすると言われています。

ピンクゼリー