産み分けゼリーに種類はあるの - 産み分け方法比較サイト

産み分け方法比較サイト > 産み分けゼリーに種類はあるの

産み分けゼリーに種類はあるの

産み分けゼリーとは、希望する性別の子どもを授かりたいと思っている方のために開発された潤滑ゼリーのことで、現在一般に使われているのは2種類あります。
女の子を希望している場合はピンクゼリーとハローベビーガール、男の子を希望している場合はグリーンゼリーとハローベビーボーイです。

日本でも多くの夫婦が試す産み分け法と知られている潤滑ゼリーで、どちらも女性の膣内に注入してから性交を行うというもので、精子の染色体の特徴を生かした産み分けを行うことができると言われています。
女の子になるためのXの精子は、酸性に強いという性質があるので、ピンクゼリーやハローベビーガールを使用することで膣内を酸性に保ち、女の子ができる可能性が上がります。
また、男の子になるためのY精子は、アルカリ性に強いという性質があるので、グリーンゼリーやハローベビーボーイを使用することで膣内をアルカリ性に保ち、男の子ができる可能性が上がります。

ピンクゼリーとグリーンゼリーはイギリスが発祥の地と言われていますが、生産は中国です。
産み分けを実施している病院で取り扱っているようです。
また、通信販売でも手に入れることができます。
ゼリーははじめ固い形をしているので湯煎にかけて液状にし、シリンジという注入器を使って膣内に注入していきます。
その際に使用した注入器は繰り返し使用することになるので、毎回殺菌洗浄をする必要があります。
成分については、企業秘密で非公開となっているのでわかりません。

ハローベビーガールとハローベビーボーイは、全て国内で製造されています。
こちらは、通信販売がメインとなっています。
1回分のゼリー入りの注入器が小分けされていて、使用するときは、注入器のキャップを外して膣内に挿入し、注入器のピストンを押すだけでゼリーを注入することができます。
形は、タンポンのような形状で挿入しやすくなっています。
使い捨てなので、殺菌洗浄する手間もなく安心できます。