グリーンゼリーとピンクゼリーの違い - 産み分け方法比較サイト

産み分け方法比較サイト > グリーンゼリーとピンクゼリー

グリーンゼリーとピンクゼリーの違い

グリーンゼリーは男の子を希望するときに使用するゼリーで、ピンクゼリーは女の子を希望するときに使用するゼリーです。
目的に合わせて使用する必要があります。
その詳しい違いについて説明致します。

赤ちゃんの性別は、男性側の精子のX染色体かY染色体によって決まると言われています。
X染色体を持つ精子と卵子が受精すると女の子になり、Y染色体を持つ精子と卵子が受精すると男の子になります。
産み分けをする時にはどちらの染色体の精子と卵子を受精させるかが大切となり、精子と卵子が受精した時には、既に性別が決まっているということです。
それぞれの染色体を持つ精子の特性を利用して受精しやすくさせるためにグリーンゼリーやピンクゼリーを使用します。

グリーンゼリーは膣から注入することで、膣内をアルカリ性に保つ働きが有り、アルカリ性に強い男の子のY染色体が受精する可能性が高くなります。
また、ピンクゼリーは膣から注入することで、膣内を酸性に保つ働きが有り、酸性に強い女の子のX染色体が受精する可能性が高くなります。
このように、ゼリーの持つ特性は全く別のものなので、目的に合わせてしっかり相談してから使用することが大切です。

女性に膣内の酸性とアルカリ性のコントロールをするといっても、ほとんどが自然由来の成分でできています。
ピンクゼリーは膣内を酸性にするお酢が主な成分となり、グリーンゼリーは膣内をアルカリ性にする重曹などが主な成分なので、女性の体や赤ちゃんの体に障害などのリスクが残ることはないと考えられています。
しかし、海外で製造された産み分けゼリーの中には、成分表示が明確にされていないものもありますから、信頼できる発売元のものを選ぶことをおすすめします。
もちろん、日本製のものもあります。
婦人科で診察の際に処方してもらうことで、より安心でき不安も軽減されることでしょう。