女の子を産み分けるためのゼリー - 産み分け方法比較サイト

産み分け方法比較サイト > 女の子を産み分けるためのゼリー

女の子を産み分けるためのゼリー

産み分けで女の子を希望する場合は、膣内環境を酸性に整えてくれるピンクゼリーやハローベビーガールのゼリーを使用します。
ゼリーを使用することも大切ですが、まず生理周期のどの時期に使用するのかということが大切になってきます。
基礎体温表やおりもののチェック、排卵検査薬をはじめ病院でのエコー検査等を含めた排卵日特定を行うことが大切です。
一般的には、排卵日2日前が望ましいといわれていますが、排卵日の前日や当日でもいいという医師もいるようです。

女の子になるためのX染色体の精子は酸性に強くアルカリ性に弱い性質があります。
希望する女の子を授かるためには、膣内を酸性に保つことが重要となります。
そのようなことを叶えてくれるのがピンクゼリーです。
シリンジと使って膣の中に注入し、5分ほど時間を置いて膣の中に浸透させることで、膣内が酸性に保たれるようになります。
そして、女性がオルガニズムを感じないようにあっさりと性行為を行います。
前戯が長すぎるとせっかくのゼリーが流れてしまう可能性もあるので、すぐに挿入できる状態にしておくことが大切です。

また、浅い位置で射精することで卵子までの距離が伸びます。
ゼリーで酸性になっている環境の中では、男の子になるY染色体は酸性に弱いということからも途中で脱落していくので、結果X染色体が残るという可能性が高くなり女の子に期待ができるようになります。
女の子の産み分けを意識しすぎると男性が冷めてしまい、性交為や不満を感じゼリーを使うのを嫌がることも多くなってしまうようですが、そんな時は、優しく男性器に触れて早く射精できるように手助けをしてあげることも大切です。

排卵日を上手く狙っていくことが、重要なポイントです。