産み分けをする際のデメリットは - 産み分け方法比較サイト

産み分け方法比較サイト > 産み分けをする際のデメリットは

産み分けをする際のデメリットは

産み分けの方法はあくまでも理論上のものであり、100%ではありません。
したがって性別にとらわれすぎてしまいそのことがストレスとなってしまうデメリットもあります。
厚生労働省の調べでは、第一子の出産年齢は、1980年代では、26歳前後だったのですが、2012年では、30.3歳と年齢も高くなってきています。
高齢出産により一人っ子やふたり兄弟が増えてくるのと同時に親は授かる子どもの性別についても気にするようになります。
そのようなことが理由となり、産み分けを考える夫婦が増えてきています。
産み分けの方法は多種多様で、なんの根拠もない方法もあります。

一般に知られている産婦人科でのタイミング法や潤滑ゼリーの産み分けも100%ではなく、失敗する可能性もあるということにもなります。
たとえ子どもが授かったとしても希望する性別の子どもが授からなかった場合は、夫婦間に亀裂が入る可能性もあり、女性が心身のバランスを崩してしまう可能性もあります。
そして、性別にとらわれ過ぎることで産み分けをすること自体がストレスになってしまいます。

また、産み分けの考え方は、産みたいと思っている性別の染色体を持つ精子が受精する確率を増やして、それ以外の染色体を持つ精子の受精する確率を減らすということなので、普通に性交をした時よりも卵管までたどり着く精子の量は少なくなり、妊娠する確率は低くなってしまいます。
100%の産み分けを可能にするためには、海外に渡り受精卵を検査したり、着床前診断を受けなければなりません。

現在の医学では、これ以上の確実な方法はありません。
したがって、成功率の高い産み分けを希望するには、莫大な費用がかかることも理解しておく必要があります。
実際に、70~60%の確率にかけた産み分けを行い希望と違う子どもが生まれた場合は、必要以上に後悔することになります。
そして、その後の育児をする上でも理想的な環境とは言い難い日々を送ることにもつながります。