ピンクゼリーの成功率は - 産み分け方法比較サイト

産み分け方法比較サイト > ピンクゼリーの成功率は

ピンクゼリーの成功率は

ある統計データによると、女の子を希望してピンクゼリーを使い妊娠から出産を行った7129人の女性のうち女の子を授かったのは5700人という結果があります。
もちろん排卵日2日前に性交をするという条件をクリアしたデータです。
したがって、希望通りに産み分けができた確率は、79.9%となります。

何も手段を取らないで性交を行った時の男の子と女の子の生まれる確率は50%ですが、ピンクゼリーを使用することで約80%にも上がるということは、期待も大きくなってきます。
しかし、ただ単にゼリーを使えば良いということではなく、そのために必要な知識などを得ながら取り組んでいくことが必要となってきます。

病院を受診して排卵日を調べるか排卵検査薬を使って自分で調べる方法があります。
そして、排卵日が予想できたらその2日前に性交をすることで女の子を産み分けることができる成功率が高くなると言われています。
男女の産み分けの指導をしている杉山産婦人科では、排卵日2日前にピンクゼリーを使って性交する方法を実践した結果、約74%の女性が女の子を産み分けることに成功しているそうです。

ピンクゼリーは、膣内を酸性に保つという作用があり、女の子になるためのX染色体を持つ精子にとって有利な環境を作り出してくれます。
排卵日の2日前というのは、女性の体は、排卵日が近づくと膣内がアルカリ性に傾き始めるということもあり、男の子になるためのY染色体を持つ精子に有利な環境となってしまいます。
なので、ピンクゼリーを使って人工的に膣内を酸性に保つことで、性交の時に浅く挿入して射精されたX染色体を持つ精子が排卵の時に受精する確率が高くなるということです。
また、ピンクゼリーを使ってせっかく膣内環境を酸性に整えても、女性がオーガズムを感じてしまうと子宮頚管からアルカリ性の分泌物がでてきてしまったり、前戯が長すぎることでゼリーが溢れ出てしまうとうまくいかない可能性も出てきます。